自転車保険に入りました。

ロードバイクに乗り始めて約1ヶ月ほどたちました。
いろいろ実際に体験談を聞いたりネットで情報を集めているとやはり自転車保険は入っていたほうがいいよねっていう結論にいたり自転車の保険を比較検討しました。

価格comで比較

価格com自転車保険

きれいにまとまっているので価格comを見てまず比較。
うん、ここにキレイにまとまっているので他で探すのは時間もかかるしここで自分にあったものを探せば良さそうだな。

ネットでeジョー「eサイクル保険」価格.com保険専用プラン/東京海上日動に入りました。

このプランのCプラン(本人型) 保険料 2,030円/年間 にしました。
私なりに以下のポイントに惹かれてこのプランにしました。

  • 相手への損害賠償額は大きい方がいい →このプランは補償額が無制限
  • コストはなるべく安いもの → 入院・通院などの保証はありませんが年額がかなりお得

このプランやすいのですが、入院/通院の保証がない

です。自身の保証よりも相手に対する保証を重視する人向けのようです。

※この保険の東京海上日動ですが、WindowsのActiveXという機能が使われておりMacOSで申し込みができませんでした。(東京海上 or 価格コムどちらかのシステム??)

本当は自分自身の保証もしっかりしたものが良いかも。

ほか最終的にau損保も自転車ロードサービスなど充実した保証内容が魅力でまよったのですが、今回はコストを重視してau損保は見送りました。
あと過去にもらい事故ですが自転車乗車中に事故にあった事があります。

このときは相手方がしっかり保険にはいっていて問題なかったのですが、相手が自転車だったり、任意保険に入ってなかったりだと十分に保証が受けられない可能性もあり次回更新時や将来的にはもっと手厚い保証の保険へ変更したいかとかんがえております。

糖尿病で始めた自転車

こんにちはさて表題の通り最近は運動・食事療法で安定をたもっているのですが私糖尿病です。

30代前半までは全く運動せずたまにバイク、車をいじるくらいでまったくといっていいほど運動しませんでしたが、糖尿病を発生しインシュリン生活でしたが、その後運動(自転車etc)でどうにか抜け出した話。

多忙なデスクワークで忙しく運動もしない。

仕事がデスクワークで多忙がつづいて、通勤もバイク週末も動かないので不健康きまわりない生活をしていました。残業も多くなぜだかよく喉が乾いたり脳がぼーっとすることも多くめが霞むこともおおくありました。
残業で深夜まで作業しては夜食をかってきて貪りながら朝になることもしばしば、早朝家に帰ってシャワーして会社とか本当ひどい生活がつづいてました。

Google先生にきいてみて、糖尿病っぽい。

このあたりで体の不調にきづき、Google先生に確認したところ、ほぼほぼ糖尿病ではということがわかりました。ただその時は忙しくなかなか病院へむかうことができずにいました。この頃の症状はというと

のどが乾く

いくら飲み物をのんでも喉がかわきます。血糖値がたかいので排出しようとなんども尿がかなり近くなります。

足の乾燥

のどが乾いて尿がでまくるので、体がつねに脱水状態になります。しかしのんでも直ぐに尿になって排出されてしまうので、脱水が解消できなくなります。

目のかすみ

ディスプレイなどが見えにくくたまに霞んでみえます。私の場合は脱水で目がドライアイになっている事が原因でした。

筋力低下

糖尿病は、インシュリンが分泌されにくくなって血液中の糖分を吸収できなくなるのですが、それイコールエネルギー不足となります。そして体がエネルギー不足になると脂肪を燃やすのですが、ひどくなると筋肉のなかのエネルギーもつかいきるので、筋力も低下してきます。

糖尿病の検査へそして当日入院

しばらくたって仕事もすこし落ち着いた際に職場近くのクリニックへ健康診断へ行きました。そこでいろいろ検査してもらったところ、血糖値が300を超えて、HbA1c(ヘモグロビンA1c※1)もたしか15くらいありました。

この時点では「ひどい状態ですよ」と先生にいわれますが、そのときはピンと来てません。近くの大きな病院を紹介するのでそこに行くように促されて紹介状をもらって帰宅します。

そうすると。
大きな病院から、「何時頃こられますか?」えっ??紹介状貰って今度精密検査に行けば良いかなと考えていたのですが、クリニックの先生は今日すぐにと言うことでお話して下さって痛みたいです。

そして大きな病院へむかって改めて診察をうけたところ、先生から「入院したほうがよいですね、今日からできますか?」え。お。。。即日ですか。「仕事とかなんとかかんとか後日にゴニョゴニョ」と抵抗してみますが、とりあえず緊急に入院したほうがよいとのことで、即日入院となりました。

2-3週間の入院してインシュリン生活

さて入院してすぐにインシュリンの点滴生活がはじまりました。とりあえずはインシュリンで血糖値を下げるところから、基本的には1日数回の血糖値測定と、点滴がつづきました。

自己インシュリン注射へ

何週間かして点滴からインシュリンの注射へと移行しました。注射のイメージだとあのピューってやるのをイメージしていたのですが、実際はペンタイプの一見注射とは思えない感じのものでした。針をさすのもおもったより痛くない。

退院〜インシュリン生活

2-3週間の入院生活ののちインシュリン注射の定期的な注射で血糖値もおちついてきたので、晴れて退院できることになりました。朝昼晩の食事のまえには毎日トイレなどでインシュリン注射をする生活が続きます。

運動療法のためウォーキングとかサイクリング

さて糖尿病生活がはじまったのですが、毎日のインシュリン生活も大変なのどうにか血糖値を下げるために運動をはじめます、はじめはウォーキング、ランニングなどを初めたのですが、膝痛になってしまったのと毎日同じ場所のウォーキングでした、そこで移動につかっていたバイクが調子悪くなったことをきっかけに自転車(ミニベロ)を買うことにしました。これが自転車に乗り始めたきっかけです。
最初膝に負担にならないもので水泳が浮かんだのですが、それよりは仕事の移動などでも使えて経済的な自転車を選びました。

自転車に乗ってみてのいろいろ
– 人力での行動範囲が広がり運動のモチベーションアップ
– バイクなどでは普段通らない裏道など通りいろいろな発見。
– 雨が辛い(ので公共交通などの利用で新たな発見)

生活週間の改善でインシュリン注射から、投薬治療、運動療法のみへ。

しばらくインシュリン生活がつづいていたのですが、病院代もずーっと出費がつづくので結構大変。
運動療法+食事療法をつづけると生活習慣を変えていったところ、インシュリン注射>投薬治療>運動療法のみまで戻ることができました。
(ざっくり書いてますが)
– 先の見えない糖質制限(ラーメンとかカレーとかまったく食べなかったり)は辛すぎる。
– どんなに忙しくても運動
– アルコール燃料は糖質オフなビールからウィスキーへ(まぁ糖質OFFなビールもあるが)
などをとにかく継続が大変、妻も糖尿病対策で、低糖なメニューを日々毎日つくってくれたり、日々のメニューもかなり種類が制限されたりで本当感謝しても感謝しきれない感じ。
(現在ではたまに炭水化物な食事もとったりしています。たまに食べすぎると症状悪化しそうなので注意をしながらですが)

これからの目標とか

とりあえず現在は日々サイクリングで運動をしながらどうにか正常な血糖値をどうにか維持している状態です。ただ、その正常は食事などでかなり糖質を制限してなり立っています。
– 普段は米(カレー、チャーハン、カツ丼)たべない
– 沖縄そば、ラーメンも食べない
– 甘い飲み物飲まない
– そのほか糖質高い物食べない

現在目標としては普通に炭水化物を食しても問題無い体を目指ています。私はⅡ型糖尿病なので肥満が大きな原因の一つかと考えており、標準的な体重までおとしたら少しは良くなるのかと希望をもって日々運動を続けています。ただ現在 173cm,90kgくらいで標準的な体重は、65kgと約2/3くらいと甲子園目指すくらいの勢いでほど遠い感じですが、ラーメンを替え玉思いっきり食えるのを夢見て頑張っていきたいと思います。

おまけ。

低糖質メニューなのですが最近低糖質ダイエットブームのお陰でだいぶ購入できるものも増えてきました、普段よく食べている低糖質なものをリストアップ。

  • ローソン(サンエー)のブランパン : これは主食の替わりによく食します。
  • ファミマのライザップ提携商品 : プリン、ケーキなど低糖質なスイーツがあります。
  • 糸満のパン屋さん、パオ工房 (Pao工房) : 低糖質食パン、ドーナツなど(最近行ってません
  • 冷奴/厚揚げ : 主食の替わりによく食べます。
  • すき家の牛丼ライト : これは牛丼の飯が豆腐のもの

あと炭水化物(糖質)を控えると基本エネルギー不足気味になるのでお腹が空いてしまうので肉などのおかずで補填されるのでその分コストがかかって大変。

那覇市内-喜屋武岬【沖縄サイクリング動画】

こんにちは、ロードバイクが届いていろいろ走りたいよ〜っと思った矢先に沖縄地方は5/13から梅雨入りで、気持ちもじめじめっとしています。

続きを読む 那覇市内-喜屋武岬【沖縄サイクリング動画】