沖縄でロードバイクを探す。その3

前回からのつづき。

さてそろそろいい加減決めないとと思いつつ。。
調べて掘れば掘るほど情報は溢れ揉まれ揺られていつまで立ってもきまらないので、
もう決めてしまおうと、思い切ってネット通販で購入することにしました。
購入のポイントとしては、

やっぱり通販の方が選択肢が多く安い。

沖縄県内で探すとどうしても、やすくなって定価の10%-20%OFF程度までがおおく、
色、サイズ、メーカー、デザインなども考えるとかなり限定されてしまう。予算を10万円くらいに抑えたかったので、それで探すとほとんど選択肢がない状態。

入門用として近い将来手放すプランなら良いかもしれないのですが、愛着をもってながくのりたかったので、ある程度は好きなメーカー、デザインを選びたかったのです。

いろいろ見てると、MERIDA(メリダ)がほしかった。

いろいろ入門ロードバイクをみていると、GIANT(ジャイアント)、FELT(フェルト)、MERIDA(メリダ)、すこし背伸びしてcannondale(キャノンデール) などを候補にあげていたのですが、性能などは一長一短で正直初心者な私には、コンポネントがいいんだなーくらいしか、もぅよくわかりません。

なので完全に見た目やロゴの好みで、MERIDA(メリダ)かcannondale(キャノンデール) どちらかを購入したいなと絞込みました。

cannondale(キャノンデール)

アメリカのロードバイクメーカーでアルミのフレームには定評があるみたい。ざっとネットを見回してもあまり取り扱っているところがない感じ。
沖縄輪業の南風原店の2Fにcannondale(キャノンデール)のコーナーがあり、コンポネントがTiagla(ティアグラ)のモデルがどうにか背伸びすればあえそうですが、色が好みでないなどがあり今回は躊躇しました。

http://www.cannondale.com/ja-JP/Japan

MERIDA(メリダ)

台湾のGIANT(ジャイアント)と肩をならべる大手自転車メーカーで、あの新城幸也選手も昨年まではランプレ・メリダの所属、今年はバーレーン・メリダに所属してMERIDAのバイクに乗っています。
個人的にcannondele同様にロゴが好みでデザインも好きでほしいのですが、沖縄県内だと中部の北谷町のサンセットバイクで取り扱っているようなのですが、なかなか出向く時間がなく見に行けませんでした。

http://merida.jp/

いろいろ迷ってネット通販でMERIDA(メリダ)を買うことに

まよいにまよったのですが、デザインがこっちが好みなのもありネット通販でMERIDA(メリダ)を買うことに決めました。購入先はこちらのカンザキバイク様で、購入時(2017年5月はじめ)昨年モデルの2016年のモデルが30%OFFになっていました。

http://kanzakibike.com/

MERIDAのバイクの種類

さて買うのは決めたのですが、いろいろ今度はバイクの種類で悩み始めます。まず2017年モデルは基本金額的にNG、カーボンなどのエアロちっくなバイクもNGと除外していくと、ある程度しぼれるのですが幾つか選択肢がありました。

  • 2016 MERIDA メリダ RIDE 210 ライド 210
  • SCULTURA 400 スクルトゥーラ 400
  • RIDE 400 ライド 400

あたりを検討、RIDE(ライド)の方は、長距離でも疲れないように、

快適性と走りを両立させるテクノロジーを各部に採用

らしいです。SCULTURA(スクルトゥーラ)の方は、

ヒルクライムレースやグランフォンドなどのイベント参加でも、その性能の高さを体感できるアルミレーシングバイク。

と、どうせなら長く乗りたいので将来的に市民レース参加なども可能性としてありそうなので、SCULTURA(スクルトゥーラ)にすることに。

SCULTURA 400 スクルトゥーラ 400を買おうかなと。

最初ほしかったのは、「SCULTURA 400 スクルトゥーラ 400」に目をつけました。金額は、10万と5,000円と当初の予定の範囲内で、送料も西濃運輸の営業所止め(配達なしで沖縄の営業所取りに行く)で7,000円(税別)と割りと安く済ませそう。(楽天ショップなどもみたのですが、送料などが割高でした。)
コンポネントはメインはShimanoの105なのですが、ブレーキとクランクが別になっているのですが、サービスで105のブレーキに無料交換できるとのこと。(嬉しい)

ちょっとまって、。。再度悩む。

でほぼほぼ気持ちも固まってきたのですが、デザインを見ていると目立つダウンチューブ(ハンドルからペダルへ伸びるパイプ)部分のデザインがちょっと個人的には好みでないことがきになってきます。

(一度買うと5年〜10年以上は乗りたいとかんがえているのでできれば納得できるモノほしい。。)

そこで少し同じカンザキバイクでメリダのひとつ上のクラスの「2016 MERIDA メリダ
SCULTURA 700 スクルトゥーラ 700」を見て再度悩む。

まってこのコストパフォーマンスは財布の紐がゆるむ。。

まず金額は、SCULTURA(スクルトゥーラ)700が、128,000円で400よりも約2万円高くなりますが、そのパーツなどがとても魅力。

付属するパーツ類が段違いなような。

  • ブレーキ : 400がメリダオリジナル、700がShimano105
  • クランク : 400が Shimano RS500 50-34Tで、700が、Shimano 105 52-36T4
  • ホイール : 400がメリダオリジナル、700が、DT SWISSR24 SPLINE
  • デザイン : 400が、アイスシルバー(他の色は売り切れ) ,700が、ポリッシュクリヤー(車でいうガンメタに近い濃いグレー)

という違いあるのですが。追加の2万円ではお釣りがだいぶくる

ブレーキ

ブレーキは400に無料でつくのでさほど差はない。

クランク

クランクは105のがついてくれるのは嬉しい。アウター(外側)の歯数が、50Tのコンパクトな400とくらべて700は52Tとレースなども考えたクランクがついていることと、あとは105のブラックなデザインが○、こちら105に変更すると考えて金額にすると約1万円 位になります。(本当は、53Tがほしいが初心者には52Tでじゅうぶんかなと)

ホイール

これが結構嬉しいというか700についている。DT SWISSR24 SPLINE が結構よいとの情報をちらちら、金額にするとこちら約4万円近く(3万後半) 本格的になると400のホイールは買い換えることを前提になるとかの情報も

うーんパーツを上位のものにカスタムしていくと考えると金額の差額が5万円近くかかると考えると購入時の2万の追加費用はコスパ良すぎです。

サービスの空気入れをビンディングペダルに変更可能で SCULTURA(スクルトゥーラ) 700に決定。

700のサービス品でついていたのが空気入れなのですが、すでに持っているのでメールでビンディングペダルなどに変更できないか問い合わせたところ、差額600円で変えてくれるとのこと。ペダルを買っても5000円くらにはなりそうなのでこれは送料分くらいはお得になる!!

ということで SCULTURA 700 スクルトゥーラ 700を購入することに決定しました。

沖縄でロードバイクを探す。その1

沖縄でロードバイクを探す。その2

「沖縄でロードバイクを探す。その3」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。宜野湾市に住む者です。
    私も貴殿と同じように悩み、また、同じようにカンザキバイクで通販購入しました。
    うるま市のデポで1年前にジャイアントのRX3を購入して、本当に自転車を趣味にできるのか様子を見ました。ライド中、どんどんロードバイクに抜かされれいくのが悔しくてついに2017年11月にバッソ・ラグーナを159,900円で購入しました。沖縄輪業も見たし、サンセットバイクや泡瀬のサイクル館なども見ましたが、これといったものに出会うことなく(輪業のコルナゴAC-R定価31万が30%offで21.7万円に心奪われましたが・・・高い・・・。)ネット徘徊していたところカンザキバイクのラグーナに出会ったということです。代引きを利用しましたが、箱を開けて組み立てるまで、偽物じゃないかと心配していましたが大丈夫で安心しました。那覇市在住とのことで南部のサイクリングが中心なのでしょうか?サイクリングコース紹介を楽しみにしています。少し、足を伸ばして海中道路はいかがでしょうか。とても気持ちいいですよ。

    1. キッシーパパ様

      情報がお役に立てたようで良かったです。^^)
      わたしも振込で買ったので、実際に届くまではドキドキでした。探している最中に、詐欺まがいのサイトなども見かけたり。汗)

      前に一度海中道路を通って伊計島まで行ったのですが、あの辺りは海流のあれかとても海がキレイでまた行きたいです。(最近は、仕事が立て込んでなかなか遠出できず。。><.) 落ちつたらまた色々アップして行きたいと思いますのでよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です